賃貸を斬る!こだわり条件セキュリティ

賃貸契約と火災保険

大阪の賃貸に入居する時には、契約時に火災保険の加入について説明があるはずです。これは火災発生時に対する備えであり、家主へ現状回復をする為の賠償金を支払えるようになります。例えば、この保険に加入しておかないと、高額の賠償請求をされてしまって、全て自分で支払う事になってしまうでしょう。

だから、必ず、借家人賠償責任に対する補償がついている保険に加入しておくべきです。基本的には、契約時にセットで加入させられるので、補償内容についてよく確認しておくべきです。

それから、この賃貸の火災保険については、個人賠償責任への補償もあります。住宅で生活している中では、自分の不注意で、他の部屋に損害を与えてしまう事があるかもしれません。

そのような時でも、この保険に加入していれば、そのような賠償責任についても補償してくれるのです。どんな方でも、不注意によるトラブルはありえるので、この補償も必要不可欠です。

そして、最も注意したいのが、家財への補償です。実は、賃貸契約時の火災保険だけでは、この家財への補償が不十分なケースがあるのです。

しかし、日本には失火責任法があるので、出火元に損害賠償の請求はできません。もし、家財への補償が足りなければ、自分で別の保険にも加入しておく事をお勧めします。

ページのトップへ戻る